合計 人目のアクセスです(2008年3月21日カウント開始).

氏名:綴木 馴 (つづるぎ じゅん)

(2006年2月7日を以て戸籍上,綴木 潤から綴木 馴に改名しました)





●綴木家の由来●

綴木家は「日本姓氏語源辞典:宮本洋一」によると福岡県・北九州市・門司区に80名と最も多く,元々は綴喜家であり,綴木は綴喜の異形である.綴喜は,京都府・綴喜郡・発祥.奈良時代から記録のある地名.地名は「筒木」,「筒城」,「管木」,「綴熹」とも表記した.平安時代以降の綴喜家は,東京都・八王子市・元横山町付近を根拠地として武蔵七党の横山党に属していた.綴木と名乗ったのは,北九州市・門司区・長谷での伝承によると鎌倉時代である.綴木と名乗り,安徳天皇を護衛する目的で,壇ノ浦の戦いがあった対岸の門司まで行ったと考えるのが自然である.それゆれ,鎌倉時代に綴喜から綴木に改姓している伝承は十分な説得力を持つ.
綴木という姓に対して複数の読み方がある.「つづるぎ」,「つづるき」,「つづりぎ」,「つづき」等である.綴木家は元々「綴喜(つづき)」と名乗っていた.また,綴喜という姓の他に「綴喜,筒木,筒城」という姓も存在していた.「綴木 大」氏が東京大学付属図書館で調べたところによると「つづ」と言う音を持つ姓は「天皇家につづく」と言う意味から天皇家により直々に与えられた姓であり,まだ武士の存在しない時代から天皇家直属の護衛集団であった.「継体天皇 筒城宮跡」は現在の綴喜郡に含まれる田辺市に位置する同志社大学京田辺キャンパス内にあり,「継体天皇筒城宮跡伝承地」という碑が同志社大学のキャンパス内にある.綴木家のルーツとなる綴喜氏はこの辺りの領土を天皇家に与えられた.第26代継体(けいたい)天皇(450年頃-推定531年3月10日),(在位:推定507年3月3日-推定531年3月10日)により,都は一時期,筒城宮に遷都している.



かくして綴喜家は天皇家直属の武士集団と成った.その後も天皇家から現在の京都府綴喜郡を領地として賜り,天皇家を護衛する武家として,綴喜から綴木に改名し,綴木家は綴喜郡を統治した.

しかしながら,その後の源平合戦の折に,平家により京都からさらわれた安徳天皇を護衛する為,綴木軍は平家軍に加わるが,壇ノ浦の合戦で,平家軍が劣勢となる中,安徳天皇は関門海峡に身を投げてしまった.

北九州市門司区に本家を置く当家には先祖からの古い言い伝えがあった.その言い伝えとは「綴木家は平家の落人だ」と言うことである.壇ノ浦の合戦で敗れた平家軍に加担した綴木家が壇ノ浦のすぐ側の門司区に広大な土地を持っていたのは,何とも理解しがたい言い伝えである.要は主君である安徳天皇を失ったことで平家に弓を引き源氏側に「寝返った」綴木軍と,最後まで平氏と共に戦い続け,言い伝え通り「落人となった」綴木軍に分裂したと推測される.

実際,平家の落人が多い徳島県にも綴木家は存在しており,安徳天皇を失ったことで時代の流れに翻弄された二つの綴木家が存在することとなった.徳島の綴木家付近には,「安徳天皇の墓」が存在し「安徳天皇と徳島まで落ち延び安徳天皇を最後まで護り続けた」とされている.

主君である安徳天皇を失い源氏に加担することとなった綴木家は,その結果,源氏側から平家の領土であった現在の北九州市門司港付近と門司区長谷を新たな領地として拝領.

明治維新後は,広大な綴木家邸宅を綴木公園(現在の料亭:伯翠庵はその一部)として築き,門司市民に桜の名所として開放するほどの栄華を誇ったが,今は,綴木公園の存在すら知られておらず,長い歴史を持った綴木家も今や栄光の影を失いつつある.現在は数人の綴木姓を名乗る綴木家一門が門司港付近に住んでいる.